So-net無料ブログ作成
検索選択

JTアートホール室内楽シリーズ;向山佳絵子と仲間達 [音楽時評]

7月11日,JTアートホールに,室内楽シリーズ:向山佳絵子と仲間たち,を聴きに行って来ました.皆,一線で活躍中の仲間を集めた,それも女性ばかりのアンサンブルで,演奏もたいへん真摯に向き合っていて,このホールで久しぶりに心地よい演奏会でした.

出演者は,
Violin: 玉井菜採  東京芸大准教授
           井上静香   紀尾井シンフォニエッタ・メンバー
           戸上眞里  東フィル第2ヴィオリン首席
           重岡菜穂子 ソリストとして活躍中
           渡邉ゆづき 都響第1ヴァイオリン副主席
Viola:   篠﨑友美  新日フィル首席
           直江智沙子 桐朋学園2007年卒,ベルリン留学,ヴァイオリニストでもある.
           森口恭子   フリーランス
Cello:   向山佳絵子 本公演のプランナー
            高橋純子  都響団員
            渡邊方子  NHK響団員
Contrabasss:小笠原茅乃  東フィル副主席
Flute:    佐久間由美子  ソリストとして活躍 
Chennbaro:曽根麻矢子  ソリスト
と,多士済々でした.

プログラムは,

J.S.バッハブランデンブルク協奏曲 第3番 ト長調 BWV.1048
A.ルーセルフルート三重奏曲 Op.40
J.イベール2つの間奏曲
G.ロッシーニ弦楽のためのソナタ 第5番 変ホ長調
J.S.バッハブランデンブルク協奏曲 第5番 ニ長調 BWV.1050

と名曲揃いでした.

バッハ;ブランデンブルグ協奏曲は第3は,全員参加,
ルーセル;フルート三重奏曲は,佐久間由美子,玉井菜採,向山佳絵子,
イベール;間奏曲は.佐久間由美子,玉井菜採,曽根麻矢子,
ロッシーニ;弦楽のためのソナタ 第5番は,渡邉ゆづき,井上静香,向山佳絵子,小笠原茅乃 
バッハ;ブランデンブルグ協奏曲第5番は,玉井菜採,佐久間由美子,曽根麻矢子をソリストとして全員賛歌
でした.(プログラムの紹介順で判断しましたが,平面の客席からは顔がよく確認できませんでしたので,間違いにお気づきの方はお教え下さい)

全員が前半と後半で衣替えをされたので,いっそう華やかでした.

とにかく現在活躍中のメンバーをピックアップして華麗に演奏されたコンサートでしたから,たいへん心地よく皆さんの演奏を楽しむことが出来ました.
とくに圧巻はブランデンブルグ協奏曲で,第3番では各出演者が順にソロを担っていましたし,第5番では,玉井菜採,佐久間由美子,曽根麻矢子の3人のソリストがたいへん好演を聴かせてくれました.とりわけ,曽根麻矢子のカデンツアはまことに見事でした.

またの企画を楽しみにしたいと思います.


 

 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 1

みそ

はじめまして。
素敵なコンサートでしたね。とりわけ両端のバッハはすばらしかったです。

ところで、ロッシーニの第1ヴァイオリンは、玉井さんではなく、
渡邉ゆづきさんでした。
by みそ (2012-07-16 10:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る