So-net無料ブログ作成
検索選択

紀尾井ホール:小菅優ベートーヴェン・ピアノソナタ・サイクル [音楽時評]

つい先日,オーチャード・ホールでシューマンピアノ協奏曲NHK交響楽団と好演したばかりの小菅優が,かねてから展開中のベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲のチクルス第4回が紀尾井ホールで開催されたのを聴きに行って来ました.

プログラムは,オール・ベートーヴェンで,
ピアノ・ソナタ 第24番 嬰ヘ長調 Op.78《テレーゼ》
          第25番 ト長調 Op.79
                 第15番 ニ長調 Op.28《田園》
      ※※※※※※※※
ピアノ・ソナタ 第6番 ヘ長調 Op.10-2
                第21番 ハ長調 Op.53《ワルトシュタイン》
でした.

テレーゼは,第23番《熱情》に続くソナタですが,4年ぶりに1809年に書かれたソナタです.その間に交響曲第4・5・6番,ピアノ協奏曲第4・5番が作曲されています.
ただ,ナポレオンにヨーロッパが席巻された時期ですが,この曲は伯爵令嬢テレーゼ・フォン・ブルンスヴィクに献呈されたことから《テレーゼ》と呼ばれています.ベートーヴェンはかつてその妹のヨゼフィーネに熱愛したことは周知のことです.
Adagio cantabile - Allegro ma non troppo/Allegro vivace の2楽章構成ですが,第1楽章に長い反復があります.叙情性豊かな曲ですが,小菅優が感性豊かにフレージングを浮き上がらせて好演してくれました.
this and the "Appassionata" sonata, op.57, were Beethoven's favorite of his piano sonatas prior to the "Hammerklavier."という証言があります.

次の第25番はPresto alla tedesca/Andante/Vivace の3楽章構成ですが,3楽章以上の彼のソナタのなかでは最も短い曲です.第3楽章のセクションが,the chord progression found at the beginning of the A section to start his Op. 109 sonata とピアノ・ソナタ最後の3曲の初めの曲に連なっていることが知られています.
最後のコーダの冒頭部分で彼女の左手が3つの音程を外したのが意外でしたが,彼女は続けて第15番に入りました.

15番《田園》は,1801年耳の病が進行した時期の作品ですが,曲はむしろ明るい牧歌的な雰囲気です.Allegro/Andante/Scherzo: Allegro vivace/Rondo: Allegro ma non troppo の4楽章構成で,牧歌的ななかに嵐が起きる部分もあります.
《田園》は出版社によるモノです.第1,第4楽章はそれに近い印象を与えますが,2,3楽章はおよそ違った色合いです.30分少しの長さですが,小菅がたいへん構成力豊かに各フレーズを浮き彫りにしてくれましたから,ある種の期待感を持って聴くことが出来ました.

後半最初の第6番は.3曲作曲された2曲目で,Allegro in F major/Allegretto in F minor/  Presto in F major の3楽章構成で,緩徐楽章を欠いています.14分ほどの曲ですが,終楽章の快活さが印象に残ります.

最後の《ワルトシュタイン》はCount Ferdinand Ernst Gabriel von Waldstein of Viennaに献呈されたことから付いた名称です.彼の中期を代表する作品で説明を要しないと思いますが,これほどの有名曲になると,これまで個性的な演奏振りだった小菅優が,急に,曲の構成に取り付かれて没個性的に聞こえました.左手のトリル,右手のメロディに追われるような演奏でした.

Allegro con brio/Introduzione: Adagio molto - attacca/Rondo. Allegretto moderato - Prestissimo の3楽章構成です.
彼女はアルツール・シュナーベルの録音を何度も聴いているそうですが,ここでは曲の構成に押されて,第1から第3楽章までの展開を追うのに専念した感じでした.

第8回まで予定されるサイクルの4回目の中間点で,なんとかベートーヴェンの偉大さに迫った所ですから,これから4回の果敢な挑戦がいっそう楽しみといったところです.

なお,紀尾井ホールのマナーの悪さを前にも指摘しましたが,この夜もまことに惨めでした.
ワルトシュタインはよく知られた曲ですから,どこで終わるのかを皆が知っているはずですが,ピアノ・ソナタの演奏の終わりは,鍵盤とペダルを完全に離した時と考えるべきです.それをピアノの鍵盤やペダルがよく見える位置から,彼女がペダルを離さないうちに拍手が起こったのです.

次回からは,他のホールでは良識に任せているリサイタルのマナーを,紀尾井ホールでは繰り返しアナウンスされるよう望んでやみません.念を入れて,ピアニストが立ち上がってからとでも,オーバーにアナウンスしたら良いと思います.


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る