So-net無料ブログ作成
検索選択

JTアートホール:アフィニス夏の音楽祭東京公演 [音楽時評]

8月24日,山形県で開かれているアフィニス夏の音楽祭の東京公演を聴きに,JTアートホールに行って来ました.
アフィニス夏の音楽祭は,四方恭子さんが音楽監督で,20もの日本のオーケストラ団員の参加を得,かつ海外からの選りすぐりの名手の出演も得て,オーケストラ公演と室内楽公演を聴かせているモノです.

今回の東京公演の特色は,JTアートホールでは珍しい金管楽器の演奏がふんだんに聴けたことです.

プログラムと演奏者は,
ベートーヴェン: ピアノ五重奏曲 変ホ長調 Op.16
                         Ob;斉藤真美,Cl;ヨハネス・バイツ,Fg:田邊武士
              Hr;アブ・コスター,Pf;村田千佳.
コルンゴルド:   弦楽六重奏曲 ニ長調 Op.10
                          Vn1;久保木隆文,Vn2;蔵川留美,Va1;ポール・ペシュティ 
                          Va2;佐藤裕子,Vc1;大内麻央,Vc2;樋口泰世
        ※※※※※※※※
バッハ:       プレリュードとフーガ ハ短調(D.Taylor編曲・金管五重奏版)
              Tp1;オマール・トマゾーニ,Tp2;亀島克敏,Hr;林伸行
              Trb;ロジャー・フラット,Tub;喜名 雅
クレスポ:      組曲「アメリカーナ」第1番(抜粋4曲) 
                          Ragtime, Bossa Nova, Vals Peruano, Son de Mexico
              Tp1;オマール・トマゾーニ,Tp2;亀島克敏,Hr;林伸行
               Trb;ロジャー・フラット,Tub;喜名 雅  
でした.

最初のベートーヴェンは,馴染みのメロディが現れますが,オーボエ,クラリネット,ファゴット,ホルンにピアノという組み合わせで,とにかくその合奏の妙に感嘆しました.

コルンゴルドはオーストリアの後にアメリカに渡っていますが,未だ若い頃,ブラームスの同一楽器編成の曲を基礎にして書かれた作品だそうで,ロマン的な作品です.たいへん美しい曲が好演されました.

後のバッハ(Taylor編曲)とクレスポの2曲は,ただただ金管楽器の輝きに圧倒されて聴いていました.

アフィニス夏の音楽祭東京公演が,こうした珍しい楽器の組み合わせを聴かせてくれたことに,心から敬意を表したいと思います.ただ,聴衆が満席ではなかったことが惜しまれます.

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る